入れ歯(義歯)

入れ歯の種類

入れ歯の種類

当院の考える入れ歯の結論、それはシンプルなもの。
それは「消耗品」であるということ。当院は患者さまには常に正直であることをモットーとしています。
「この入れ歯は、一生保ちますか」とはよく尋ねられる質問です。しかし熱いもの、冷たいもの、硬いもの、やわらかいもの、本当にいろいろなものを毎日毎日噛み砕くのがお口です。そこにかかる負荷は大変なもので、どれだけ丁寧に扱ったとしても、ひとつの入れ歯が何十年も保つというのは、物理的にありえないと考えています。
しかし、長く保たせる努力を続ければ5年、10年と保たせることなら可能です。その上で、嚙みやすく、患者さまのお口にフィットした入れ歯をご提供してまいります。

ノンクラスプデンチャー

従来の入れ歯とは異なり、金属による「クラスプ(入れ歯を支えるバネ)」がない入れ歯です。指で曲がるくらいソフトな素材でできていることから、「弾性義歯」とも呼ばれます。保険治療で採用されるレジン床の入れ歯より薄く、装着した感覚も見栄えもよくなります。
金属アレルギーの方も、安心して装着していただけます。もちろんクラスプがない代わりに異なる「支える装置」があるのですが、歯茎の色になじむ樹脂を使うので、入れ歯を使っていることが目立ちません。

シリコンデンチャー

ノンクラスプデンチャーの裏側に、さらに生体性シリコンを入れることでより嚙みやすくなったり、違和感が緩和されたりといった効果のある入れ歯です。
シリコンはやわらかく弾力に富む素材ですので、歯茎にかかる圧力が軽減され、硬いものを嚙んでも従来の入れ歯のような痛みがなく、より力強く嚙むことができるようになります。
また、シリコン自体がもつ吸着性により、ほかの入れ歯より外れにくいという利点もあります。

Pagetop